メニュー
アーカイブ
カテゴリー
配信でお金稼ぎ!OBSの完全ガイドはこちら!

M2 MacBook Airを10%も高速化。2,000円の隠しアイテム

  • URLをコピーしました!

↑↑この記事をシェアする↑↑

Wirurun.comは大学生の管理人「Wiru」によって運営されている個人ブログです。

あなたの「シェア」や「フォロー」は運営継続の大きな支えになります。

M2 MacBook Airが発売されたが多くの人は熱による速度低下を報告している。

5~10分ほど高負荷な作業を任せる分にはM2 MacBook Proと同じくらい高速なのだが、長期的な作業になるとAir, Pro 共に速度が低下しているようだ。

ウェブや文書作成などの日常的な使用における速度は非常に高速なため、不満に思うユーザーはいないだろう。しかし長い間負荷をかけることとなる「動画編集」などに使用を考えているユーザーは注意してほしい。

でもAirが遅くなるのは期待通りの結果だ。M1 MacBook Airも熱による速度低下が存在したし、ファンの搭載されているM2 MacBook Proですら最大108℃まで上昇してしまう事が確認されている。

冷却ファンが搭載されていないMacBook AirM2の出す熱を処理できたわけがないだろう。

目次(クリック可能)

110℃に挑むM2チップ

さすがのApple、今までは気を遣って100℃越えないようにしていたが、ここで110度を基準に変えたようだ。

パソコンのパーツは120℃くらいの温度に耐えられるようになっているが、ほとんどのメーカーが心理的な面などから100℃を越えないようにしている。

またデスクトップPCでは80℃を超えないように気をつけているユーザーも多い。

一応すぐに壊れるわけではないが、熱いまま動作し続けることは長期的に悪影響が出てしまいそう…

MacBook Air、ファン搭載のProより冷やす方法がある

嘘だと思うかも知れないが、実はMacBook Airの温度を劇的に減らしMacBook Proよりも高速にしてしまう方法がある。

それがMacBook Airの裏面を冷却パッドにしてしまう」という方法だ。

本来M2チップMacBookの筐体の間には隙間がある。MacBook Airの裏側が熱くなり過ぎるのを防ぐためだ。

しかし熱伝導パッドを貼り付けることでM2チップの熱をそのまま筐体の裏側に送ることができ、結果として10℃以上温度を下げることができる。

詳しくはこちらの動画を参考にして頂きたい。

結果を簡単に

これはCinebench R23という10分ほどの作業を連続で行った場合に生じる差だ。

10%ほどの高速化が見られる。

また画像編集/動画編集になるとさらに大きな差が出る。2,000円ほどの熱伝導パッドを貼っただけで50%も高速化する。

もし可能な限りの性能を引き出したいなら、熱伝導パッドも選択肢なのではないだろうか。

でも裏面の温度が高くなるので気をつけて。

裏面の熱さ対策にはMoftのスタンドが良いよ

別記事でも紹介しているが、Moftのスマホスタンドを貼れば裏面が熱くなっても大丈夫。

間に断熱シートを貼るようなものだから、この改造を試みる人はこちらも購入するのがオススメ。

興味ある方はこちらから。

あわせて読みたい
外出時も使えるMoftのノートパソコンスタンド、キーボードに角度を付けたい人にオススメ! Macの裏側にくっつけて使える隠しスタンドが予想以上に便利だった。 キーボードに角度が付くと、打ち心地も画面の見やすさも向上するので良いっすよ。 普段は3mmと薄く、今までの通りの使い方もできるのが魅力的。

ノートパソコンを持ってる人、ちゃんと保険に入ってる?

なぜ突然こんなことを聞くんだ?と思うかもしれない。実は雨でカバンに入っていたMacBookを壊してしまったことがあるからだ。そのとき修理費は5~7万円もかかってしまうと言われた。

学生である自分が突然5万円という大金を簡単に準備できるわけがない...でもパソコンを買った時に軽い気持ちで加入してあった月額700円の保険を思い出した。

スポンサーリンク

Mac, iPad, iPhone の3台を同時に。月額700円で10万円まで補償!

\ 日本シェア率No.1

\↓シェア率No.1↓/

月額700円で10万円まで補償してくれるというのが売りだったので確認してみたところ、5~7万円の修理が0円の負担で済んでしまった。

詳しく知りたい方はこの記事で紹介しています!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次(クリック可能)