メニュー
アーカイブ
カテゴリー
配信でお金稼ぎ!OBSの完全ガイドはこちら!

RTX2070(3060同等の性能)搭載、自作PCなら10万以下と超高コスパで作れてしまう

  • URLをコピーしました!

↑↑この記事をシェアする↑↑

Wirurun.comは大学生の管理人「Wiru」によって運営されている個人ブログです。

あなたの「シェア」や「フォロー」は運営継続の大きな支えになります。

この写真を見て「自作PCって難しそうだな」「やっぱ初心者には無理だな」って思った方

「筆者もPC初心者ですよぉ!」

「PC初心者と言ってもある程度は知っているんでしょ?」とまだ疑っている人、今まで買ったことあるパソコンはiPad ProM1 MacBook Airだけ。ゲーム機もXboxやPlayStationしか経験したことなし。

目次(クリック可能)

自作PC、初めてでも予想以上に簡単だった

これが本当に最初の自作PCだったけど予想以上に簡単だった。でも「なぜPS5やXbox Series Xが出たタイミングでPC買ったんだろう。」という疑問も残っているだろう。それについては別記事で長々と紹介しているので興味ある方はこちらから。

あわせて読みたい
PS5が買えない…代わりに同等性能のゲーミングPCを自作したら配信もできて大満足! PS5やXbox Series Xが発売されたなか、このタイミングでPCに以降することを決断した。なぜPS5よりもPCを選んだのか、どんな人にはPCがオススメで、逆にPS5がオススメかも紹介する。

この記事は具体的にどうすれば「10万円以下でコスパ最強のPCを組み立てられるか」という紹介。

パーツを揃えるのは意外と簡単だった

パソコンを組み立てるとなると専門知識がたくさん必要な気がする。でも実際には全く必要ではなかった。

LEGOを一度でもやったことがあれば絶対に余裕。LEGOは¥2,000くらいのものでも何百ピースある。それがPCならたったの8パーツでパソコンで作れてしまう

本当に簡単だということを分かってもらうために必要なパーツリストを作った。

  1. CPU
  2. GPU
  3. マザーボード
  4. PSU(電源)
  5. ケース
  6. RAM(メモリ)
  7. SSD(容量)
  8. ファン(なくても大丈夫)

これだけ!8個のパーツを集め、それぞれを組み合わせるだけでゲーミングPCが作れてしまう。

パーツ選びの基準

とにかくコスパが良さそうなやつを選ぶ。

と言っても、Amazonに出ているものなら問題ないだろうという浅はかな考えで、片っ端から一番安いやつを選んでいった。(どれも問題なかった。)

こだわったのは3つだけ。

  • GPU(ゲームの快適さ)
  • CPU(全体的な速さ+安定性)
  • ケース(パソコンの見た目)

この3つさえ大事にすれば、あとはほとんど何を選んだとしても性能に影響はない。

GPUの選び方

ゲームをするときに一番大事なのはGPU。GPUの性能によってどれくらい綺麗にできるか、どれくらいスムーズにゲームが出来るかが決まってくる。

今のところ(2022年Q2の時点で)一番コスパが良いのはRTX2070だと思う。性能はRTX3060とほぼ同じ。でも1世代前だから勝手に3000シリーズより性能が悪いと思われ、値段は下がっている様子。

もちろん、Ray Tracingなど新しい技術を使った環境では多少の差(10~15%程度)が生じるようだが、値段の差を考慮すれば間違えなくRTX2070の方がコスパが良い

何より、RTX3060は中古でも ¥50,000~60,000 が当たり前。でもRTX 2070なら¥38,000~43,000 ほどでたくさん見つかるので、コスパを重視するから絶対にRTX 2070がオススメ。

実際に下のグラフを見れば、ほとんどのシナリオにおいてRTX2070とRTX3060の性能は互角だと言えるだろう。

こっちは長々と紹介しているけど、一番大事なFPSに関しては120 vs 124 fpsとわずか3%の違い。値段の差が2万円近いことを考えると間違えなく2070の方がコスパは良いだろう。

https://www.gpucheck.com/ja-jpy/compare/nvidia-geforce-rtx-3060-vs-nvidia-geforce-rtx-2070より

CPUの選び方

正直に言うと、とにかく Intel core i3 12100F を選んで欲しい!!何故ならコスパがずば抜けて高いから。

ゲームにおいてはまだまだ4コアが主流。というのも、多くのゲームがマルチコアの処理に対応していないということもあり、お金をかけて6コアや8コアのものを選んでも性能が全く変わらないことがほとんど。

ゲームにおいて Intel core i3 12100F¥15,000 と激安ながら、¥30,000~40,000 するcore i5とほぼ同じ性能。というか¥50,000 以上するCPUと比べても性能の差がほとんどない。

core i3 12100FはIntel 第12世代のCPUで、2022の1月に発売した最新の最強コスパ。

なぜcore i3 12100F でも十分かと言うと、それは GPU (RTX2070) の100%の性能を出し切ってしまうため、それ以上のCPUにしたところでゲームに影響が出ないから。

core i3 12100F は Intel の第12世代のCPUのため、40W程度と低い消費電力でありながら高いパフォーマンスを維持している。

あわせて読みたい
Amazon | インテル INTEL CPU Core i3-12100F / 4/8 / 3.3GHz / 6xxChipset / BX8071512100F 【 国内正規流... インテル INTEL CPU Core i3-12100F / 4/8 / 3.3GHz / 6xxChipset / BX8071512100F 【 国内正規流通品 】がパソコン・周辺機器ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象...

パーツリスト

具体的に使ったパーツはこちら。

種類:パーツ名 値段 簡単な購入理由 Amazonリンク
GPU:
GK-RTX2070-E8GB/MINI
¥38,000 3060同等なのに、2,3万安く高コスパ メルカリ:中古で購入
CPU:
Intel core i3 12100F
¥15,180 ゲームメインなら1番コスパの良いCPU https://amzn.to/3tSaeHx
マザーボード:
GIGABYTE B660M D2H DDR
¥13,200 Intel12世代に対応しており安かった https://amzn.to/3R0uNeW
PSU:
80 plus gold, 750W
¥8.950 将来性を考え、少し強めの750Wを選択 https://amzn.to/3brECSH
ケース:
Antec ATX mini-Tower
¥7,045 大きくて問題なさそうだった https://amzn.to/3OogbUZ
RAM:
3200Mhz、8GBx2
¥6,980 3200Mhz、16GBの中で一番安かった https://amzn.to/39TdKux
容量(SDD):
Crucial P1 500GB
¥5,999 本当は1TBが良いが、500GBで足りる https://amzn.to/3xWBeXx
ファン:
4pin 120mm、3個セット
¥1,480 PCの冷却性能を強化 https://amzn.to/3nprn7D
ファンコントローラー:
upHere 7ポート、4pin-PWM
¥998 追加ファンを動かすのに必要 https://amzn.to/3A5eQxT
合計:10万以下が目標 ¥97,832 可能な限り、高パフォーマンス かなり高コスパな一台が作れたはず。

これでギリギリ10万円を下回りながら、市販されている17~18万のパソコンには余裕で勝てるスペック。

自作するとパソコンについての知識もたくさんつくので、ぜひ一度試してみて欲しい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次(クリック可能)