メニュー
アーカイブ
カテゴリー
配信でお金稼ぎ!OBSの完全ガイドはこちら!

M2 MacBook Air 上位モデル、本当にその構成で大丈夫?

  • URLをコピーしました!

↑↑この記事をシェアする↑↑

Wirurun.comは大学生の管理人「Wiru」によって運営されている個人ブログです。

あなたの「シェア」や「フォロー」は運営継続の大きな支えになります。

Appleが、M2 MacBook Air (2022)の販売開始した。

ベースモデルの価格は164,800円

8コアCPU、8コアGPU、8GBメモリ、256GB SSD、16コアのニューラルエンジンを搭載している。

またMacでお馴染みのカスタマイズが可能。

  • CPU:8コアのみ
  • GPU:8 or 10コア
  • メモリ:8, 16, 24GB
  • SSD:256GB, 512GB, 1TB, 2TB
  • 電源アダプター:↓構成によって変化↓

10コアGPUを搭載したM2チップと512GB以上のSSDストレージを選択した場合、デュアルUSB‑Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタ、または67W USB‑C電源アダプタが無料のアップグレードとして付属します。

10コア か 512GB以上のどちらかではなく両方を選択しなければいけない点だけ注意。

両方とも含んだ構成なら、デュアル35Wの電源アダプター or 67Wの電源アダプターを選ぶことができる。

個人的にはデュアルの電源アダプターの方がオススメ。M2消費電量が低く、バッテリーも平気で10時間以上持つので35Wなら十分以上に速く、同時にiPhoneなども充電できてしまう。

本当に高速で充電が必要って人なら67Wでも良いのかも。でもバッテリーが持ちすぎて意外とその恩恵は受けられないかと。

でもこの構成を考えている人、本当にこれで大丈夫?

一般の人向けのMacBook Airを強化するってことはパフォーマンスが欲しいだよね?それならもっとコスパ良いMacがあるよ。

目次(クリック可能)

10コア、512GBを選ぶ人、ちょっと待って!!

M2 MacBook Air10コアGPU、512GBのSSD、16GBメモリを選ぶつもりの人、そこまでのパフォーマンスが必要でお金も持ってるはず。

というのもこの構成だと236,800円になる。20万円以上払うならそれなりのパフォーマンスが欲しいじゃない?もし+4万円で2倍のパフォーマンスが手に入るって言われたら魅力的だよね。

14インチのM1 Pro MacBook Pro 274,800円と実に4万円差。こっちの方が良いんじゃない?

パフォーマンスはM2の2倍以上、ポートも増えて、画面も120Hz対応&1000nitsまで対応してる。

M2は半分のパフォーマンス、ポートも少なく、画面は60Hz&500nits。

せっかく20万円超える金額を出すなら14インチのM1 Pro MacBook Proを買ってください!絶対にこっちの方が良いので。

ノートパソコンを持ってる人、ちゃんと保険に入ってる?

なぜ突然こんなことを聞くんだ?と思うかもしれない。実は雨でカバンに入っていたMacBookを壊してしまったことがあるからだ。そのとき修理費は5~7万円もかかってしまうと言われた。

学生である自分が突然5万円という大金を簡単に準備できるわけがない...でもパソコンを買った時に軽い気持ちで加入してあった月額700円の保険を思い出した。

スポンサーリンク

Mac, iPad, iPhone の3台を同時に。月額700円で10万円まで補償!

\ 日本シェア率No.1

\↓シェア率No.1↓/

月額700円で10万円まで補償してくれるというのが売りだったので確認してみたところ、5~7万円の修理が0円の負担で済んでしまった。

詳しく知りたい方はこの記事で紹介しています!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次(クリック可能)