メニュー
アーカイブ
カテゴリー
配信でお金稼ぎ!OBSの完全ガイドはこちら!

【M1 Mac】Blackholeを使ってOBSにデスクトップ音声を取り組む方法

  • URLをコピーしました!

↑↑この記事をシェアする↑↑

Wirurun.comは大学生の管理人「Wiru」によって運営されている個人ブログです。

あなたの「シェア」や「フォロー」は運営継続の大きな支えになります。

シンプルを追求した結果の面倒…

パソコンの音をOBSが認識していない?

Mac+OBSでデスクトップ(パソコン上で起きていること)の音声を取り込む機能がないことに気づいた人もいるのではないだろうか。

本来であればOBS内で「ソース追加」→「インプット(マイクのマーク)」か「アウトプット(スピーカーのマーク)」と行けばそこにありそう。

でもどっちにもない。

Appleの面倒な制限

何故だかはミステリーだが、Appleが制限をかけている機能の一つに「デスクトップ音量の共有」が含まれている。

だからRealVNC(リモートで画面を見れるソフト)やChrome remote desktop(同じくリモートで画面を見れるソフト)で画面共有している時にも音声は送られてこない

あわせて読みたい
目次(クリック可能)

内部オーディオを使えるようにする仮装オーディオドライバ「BlackHole」

「BlackHole」はオープンソースのMac用ドライバ。オープンソースというのは、一般の人による一般の人のための一般のアプリ。と言っても開発しているのは大抵かなりITが得意な人なのだが。

オープンソースなので誰でもソースコードを見ることができるのが特徴。

あわせて読みたい
BlackHole: Route Audio Between Apps Zero Latency. Perfect for Streamers, Podcasters, and Online Instructors.

また自分の必要に合わせて好きにコードを変えられるのも強み。

難点は企業が管理しているわけではないため、楽できる機能が少ない。例えばGoogleアカウントでのログイン。アカウント管理の面からはめちゃくちゃ便利なのだが、オープンソースとなってしまうとほぼない。(お金がかかるから)

あとはダウンロード仕方もちょっと特徴的なことが多い。お金を払ってAppleに許可を貰うくらいなら、裏道を使ってタダでダウンロードということがほとんどなので。

BlackHoleインストール仕方

ここのリンクにクリックするとBlackHoleのホームページに辿りつくはず。

あわせて読みたい
BlackHole: Route Audio Between Apps Zero Latency. Perfect for Streamers, Podcasters, and Online Instructors.

もしダメならGitHubのページからURLに飛んでくだされ。

GitHub
GitHub - ExistentialAudio/BlackHole: BlackHole is a modern macOS virtual audio driver that allows ap... BlackHole is a modern macOS virtual audio driver that allows applications to pass audio to other applications with zero additional latency. - GitHub - Existenti...

アカウント認証

ホームページに辿り着くとこんな感じの黒い画面がお出迎え。とにかくメアド、名前を入力(偽名でも良し)する。

するとメールダウンロードリンクが届くので、そこからダウンロードが可能

インストール仕方

画面の指示に従えばできる!!!

ダウンロードしたファイルを開いたら、あとは「次へ」をクリックしまくれば終わり。

アプリ一覧にない?!

インストールしてもアプリ一覧には表示されないので注意。今回インストールしたのは「オーディオドライバ」なので。

Macの細かいオーディオ設定は「Audio MIDI」というアプリの中からする。

このアプリを頑張って探すのもアリだけど、こんな時こそのspotlight検索。

Command + spaceで検索ボックスが開くので、そこに「audio midi」と打ち込めばアプリが出てきやす。

ここでblack holeとスピーカーをセットにしなくてはならない。

セットにすることで内部オーディオのblack holeとスピーカーの両方を同時に使えるようになるので。

Audio midiの設定仕方

まずは左下の「+」を押す。

「マルチアウトプット」を選択。

一覧から「black hole」MacBook スピーカー(同時に使いたい音量)を選択する。

設定完了?!

Mac側の設定は完了。

あとはOBSの中での設定。先ほど同様に「ソースの追加」→「インプット(マイクのマーク)」に行くと新しく「BlackHole」という名前のソースが追加されてるはず。

これをクリックして完了と思いきや、いざ再生してみると上手くいかないかも。

Macで混ぜたマルチオーディオを選択する必要

音量選択の一覧に新しく「マルチアプトプットデバイス」というのが追加されていると思うので、これを選択するとBlackHoleと選択したスピーカーの両方に音声が出力されるように!

ノートパソコンを持ってる人、ちゃんと保険に入ってる?

なぜ突然こんなことを聞くんだ?と思うかもしれない。実は雨でカバンに入っていたMacBookを壊してしまったことがあるからだ。そのとき修理費は5~7万円もかかってしまうと言われた。

学生である自分が突然5万円という大金を簡単に準備できるわけがない...でもパソコンを買った時に軽い気持ちで加入してあった月額700円の保険を思い出した。

スポンサーリンク

Mac, iPad, iPhone の3台を同時に。月額700円で10万円まで補償!

\ 日本シェア率No.1

\↓シェア率No.1↓/

月額700円で10万円まで補償してくれるというのが売りだったので確認してみたところ、5~7万円の修理が0円の負担で済んでしまった。

詳しく知りたい方はこの記事で紹介しています!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次(クリック可能)